MACHINE機器情報

製品イメージ

構造解析・元素分析装置 ICP発光分光分析装置(ICP-OES)

表面分析装置光分析・クロマト及び質量分析関連装置ライフサイエンス関連機器遺伝子検査・診断機器試験・計測機器電気化学分析機器光分析・クロマト及び質量分析関連装置

パーキン Avio 220 Max ICP発光分光分析装置

メーカー パーキンエルマージャパン
お問い
合わせ
リストに
入れる
お問い
合わせ
リストから
削除する
比較リスト
に入れる
比較リスト
から
削除する

特長

世界最小アルゴンガス消費量 フラットプレートプラズマテクノロジー
従来のヘリカルロードコイルに代わり、メンテナンス不要のFlat Plate?(特許取得済み)を搭載しました。冷却が不要でアルゴンガス使用量 8 L/min の世界最小ランニングコストを達成しています。堅牢で卓越した安定性も実現します。

卓越した波長安定性 ダイナミック波長安定化機構
ダイナミック波長安定化機構(特許取得済み)を採用。ネオンランプの発光線を同時モニターし、測定毎にリアルタイム波長校正を行うため、卓越した波長安定性を実現しました。CCD 検出器との組み合わせは、ハイスピードとデータの柔軟性を両立します。

高速起動
ダイナミック波長安定化機構により、電源オフの状態からわずか10 分で分析を開始できます。

優れた感度と分解能 ダブルモノクロメーターとCCD検出器
光学スループットを最大限に高めたダブルモノクロメーターと、すべての波長範囲、特に紫外領域で優れた量子効果が得られるデュアル・バックサイド・イルミネートCCD (DBI-CCD) 検出器により、優れた分析パフォーマンスとより良い検出下限を実現しています。さらに、高分散エシェルモノクロメーターの大きな回折格子と短い焦点距離により、高い分解能が得られます。

広いダイナミックレンジ デュアルビューテクノロジー
Avio 220 Maxのデュアルビュー(特許取得済み)は縦型オプティカルシステムを採用し、すべての波長域においてパフォーマンスを犠牲にすることなく測定が可能です。デュアルビューによりダイナミックレンジが広がり、以下の利点が得られることで生産性が向上します。

● サンプルの前処理、希釈の最小限化
● 高濃度、低濃度両サンプルの同時測定
● 優れた品質管理と精度の高い結果
● 再測定の低減

省スペース化
ラボスペースを有効に活用できる省スペース設計です。
65x76x81cm (WxDxH)

概要

Avio 220 Max

Avio 220 Maxは、分析の難しい高マトリクスサンプルも扱えるこれまでにないパフォーマンスとフレキシビリティを兼ね備えたICP-OESです。独自のハードウェアと直感的でわかりやすいソフトウェアの融合により、多元素分析を容易に行うことができます。

最もコンパクトなICP-OES Avio 220 Maxにより、効率的な運用、信頼度の高いデータの取得、ランニングコストの低減化が可能です。

商品ページ

仕様

メーカー希望小売価格(税別) お問合せください

PAGE
TOP