MACHINE機器情報

製品イメージ

検体検査(遺伝子検査機器) 遺伝子解析装置

表面分析装置光分析・クロマト及び質量分析関連装置ライフサイエンス関連機器遺伝子検査・診断機器試験・計測機器電気化学分析機器遺伝子検査・診断機器

BD マックス 全自動核酸抽出増幅検査システム

メーカー 日本ベクトン・ディッキンソン
お問い
合わせ
リストに
入れる
お問い
合わせ
リストから
削除する
比較リスト
に入れる
比較リスト
から
削除する

特長

簡便かつ高性能な遺伝子検査を実現

  • 核酸抽出・増幅・検出工程を全て自動化
  • 磁性ビーズによる精度の高い核酸抽出
  • 検査項目の同時解析(マルチプレックス検出)が可能
  • 独自に設計したアッセイの自動化も可能

全自動化によるワークフローの効率化

  • 人為的ミスを軽減
  • コンタミネーションのリスクの減少
  • 検体ID、試薬のトレーサビリティ機能搭載

フレキシブルな遺伝子検査

  • 核酸の抽出・精製だけの実施
  • リアルタイムPCR反応のみの実施
  • 定性・定量解析
  • 24レーンのサーマルサイクラーを搭載

どなたでも簡単に、遺伝子検査を実施いただけます

精度の高い核酸抽出
核酸(DNA&RNA) の収量、精製度が遺伝子検査の質を左右するとも言われています。BD マックス? システムは、さまざまな検体から精度の高い核酸抽出を実現します。
Performance Comparison of Three Molecular Diagnostic Test Systems, Posted in IVD by nsparrow on October 8, 2013

図1. 異なるPCR反応装置を使用したとき、リアルタイムPCR装置とBD マックス? システムにおけるPCR反応効率はほぼ同等であった

図2. 自動核酸抽出装置+リアルタイムPCR装置とBDマックス システムで解析を実施した場合の比較(PCR反応は上記と同様条件で実施):BD マックス システムの核酸抽出効率が良かったことが示された

マイクロ流路カートリッジを採用
バイオハザードを考慮した完全密封型カートリッジ内で、PCR反応が実施されます。

 

概要

BD MAX Open System 441916

核酸抽出増幅法検査は新たなステージへ
BD マックス 全自動核酸抽出増幅検査システムは、核酸の抽出、増幅、検出工程のすべてを全自動で行う、ワークフローの効率性を最大限に高めた検査システムです。

商品ページ

仕様

メーカー希望小売価格(税別) お問合せください

医療関係者の皆様へ

ここからは、国内の医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、看護師、その他医療関係者)を対象に、医療用医薬品を適正にご使用いただくための製品情報を掲載しております。

国外の医療関係者および一般の方に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

PAGE
TOP